Gospel House (ゴスペルハウス)はHouse of House!!


by hedge_hog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

小力が所属する西口プロレス(WGWF)

世の中のエンターテイメントには稀に感服することがある。

この西口プロレスもそのうちの一つ。
開催場所はなんと六本木ヴェルファーレ、とてもにつかわない場所で、
ガチンコのお笑いプロレスを先日見に行った。
いやいやお笑いプロレスとは失礼だった、プロレスだ。

とてもほんまもんの有名どこが出ているプロレスの好きな方には許され
ざるWGWFだが、私にとってはこちらのプロレスぞ正に“プロ”だと思う。
どちらがいい、悪いではなく、既述の洋楽と邦楽の違いにさわったように、
このプロレスは真におもしろい。

よくあるふざけプロレスだけではなく、そこそこ(本人たちは否定する
だろうが)しっかりと練習をし、体も鍛えている感が否めない。
きちんとプロレスも(一部(笑))できているし、偉そうながら感心した。
エンターテイメントは人を楽しませることが全て。それには、質の高い
シナリオと演出、そのシナリオを現実の物にできる俳優が必要だ。
その中でも俳優はなかなかよかった。
いまや誰もが知っている“長州小力”。悪く言えば、単なる顔芸と腹芸
である。ただ、それがウケている以上、小力さんのエンターテイメント性は
非常に高いのであろう。

世界一と言われているプロレスエンターテイメントはUSにあるWWEだろう。
勝負なんて二の次、全てストーリーどおり。でも、結果が分からない。
そんなわくわく感があり、全て演出とは分かっていても、そのドラマを
見るのが楽しくて仕方がない。
だからこそ、おもしろい。
また、このWWEについてもそのうちに。

ちなみに、西口プロレスで最も気に入ったレスラーはラブセクシー・ローズだ。
下ネタをやめ、ヒール(プロレスで言う悪役)でしゃべりがうまくなれば、文句
なくメディアに取り上げられるスター性を持っていると思った、あくまで個人
的に。。。

Houseでないほうが長い!?
っが、興味深くなくおもんなかったら、短くても長くても一緒。
さて、1週間ほど真のエンターテイメントを捜し求めて旅立ってきました。
その結果はまたのちほど。
d0064197_11345925.gif
[PR]
by hedge_hog | 2005-09-09 11:35 | Entertainment