Gospel House (ゴスペルハウス)はHouse of House!!


by hedge_hog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

まさにシーズン4、っということで、第4弾最終話!!(っといってもドラマやのうて)

確かにそう(笑)

小料理屋の女将が真っ黒で着物着てたら・・・。
そんなお店あってもいいかもしれない。
何も、色白で、日本人らしく、という必要も無い。なんて実際にはそうもいかないの
だろうが・・・。

和泉さんのこれまでの作品は正に極道が歩いているかのごとく、極系の作品ばかり。
その中で一服の清涼ともいえる(高樹さん談にある)「イルカに逢える日」という作品に
興味をそそられた。
一体全体、どんな作品になっているのだろうか。

そない考えると、今の相棒の監督である和泉さんにはにつかわない(すみません、悪気は無いんです)
“ロックハート城”
での第一話。
深いですね。

そんな高樹さんにゆかりの深い監督の作品、相棒シーズン4。
これからますます楽しみになりました。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

高樹沙耶「縁は味なものですね」4 和泉聖治 [ 10月17日 10時00分 ]
ゲンダイネット

 昔からのご縁といえば、ドラマ「相棒」の和泉聖治監督。実は二十数年前、私のデビュー作「沙耶のいる透視図」こそ、和泉監督の作品なんです。「高樹沙耶」の芸名も、そこからいただいたものです。
 当時、私はモデルをしていて、ある雑誌のグラビアを見た監督が「この子にしよう」と、まるで演技を知らない私に女優になるチャンスを与えてくれたんですね。

<略>

 でも、私にとっては恩人であり、フリーダイビングに魅せられた今の私のこともよく理解してくれている監督ですね。本来、女優が真っ黒に日焼けするなんてタブーなんですね。しかも「相棒」の場合、私は小料理屋の女将でもある役ですから、着物を着る女優じゃないですか。監督からすれば「おまえ、なにやってんだ」という世界なんです。

 なのに和泉監督は、昔、小笠原諸島の自然を背景に「イルカに逢える日」という作品も撮っていて、「そういう世界に行きたくなるのもわかるよ」と、私のパーソナリティーをすごく大切にしてくれるんです。そういう中で仕事を続けられるのはありがたいですね。
[PR]
by hedge_hog | 2005-10-17 19:58 | Entertainment