Gospel House (ゴスペルハウス)はHouse of House!!


by hedge_hog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Movie( 3 )

なぞっ(笑)

内容はイーサンらしからぬ明快(苦笑)さ、軽快さでおもしろかった。

私の最も好きな俳優であるイーサン・ホークの出演作品は必ず劇場で
見て、パンフレットも買い、ビデオも購入している。
この作品は'76のリメークだが、原作を知らないので本作とは比較
できないのが残念。
その背景(原作)を知れば、なぜイーサンがこの作品の出演オファーを
快諾したかなぞがとけるかも。

というのも、これまでイーサンはいずれも作品を選んで出演してきた。
よくあるパターンが親交の深い脚本家や演出家が作品にからんでいる
パターンだ。
ただ、今作はそれが見当たらない(見逃してる!?)ので、タイトルの
とおり“なんで?”となるわけである。
嫁はんに仕事せぇって言われたんかなぁ(冗談)。。。

ストーリー的にはダイハードなどに見られるように、一介の警察官が
ヒーローになって悪に立ち向かう、とよくあるパターンかもしれないが、
イーサン演じる主役の心理的な成長が本作のテーマであろう。
“未来を決めるのは誰でもなく自分の意思である”
といったメッセージが伝わってくる良作であった。

単純に楽しめるという点でも、また見たい映画である。
d0064197_11341080.jpg
[PR]
by hedge_hog | 2006-02-24 11:34 | Movie
誰しも第二の人生、再出発をやりなおせれば、と思うかもしれない。

『The Second Chance』
という映画が来年2月に全米で公開予定だ。
またいつものごとくだーれも知らん映画なんですが、ここいらで
紹介しておかんかったら、日本で公開されないので。
(どっちゃにしろ無理かも・・・(悲))

主演は、映画初主演のMichael W. Smith!!
そうです。このブログでも紹介済みの私の最も好きなGospelアーティストの
MWSです。
監督は同じくGospel界の重鎮Steve Taylor。
MWSの主演はもとより、映画のサントラが今からごっつ楽しみでしかた
ありません。

比較的長~い予告編も見れます。
普通の映画としても楽しめると思うんやけどなぁ。。。
http://www.thesecondchancemovie.com/

日本での公開をSony Picturesに直談判(メールで・・・)したけど、おそらく
何の効果もないものと思われます(苦笑)

d0064197_1174351.gif
[PR]
by hedge_hog | 2005-12-08 01:24 | Movie

ゾンビは走らない

ゾンビ。

誰が考えたか、死人が生人を襲って食べる。
近年、日本のホラーが海外進出し次々とリメークされている。
日本だけではなく、韓国、タイなどで製作されたホラー物も日本に
輸入されている。

だが、ゾンビに関してはJ.A.Rに代表されるように、USに勝るものは
ないだろう。
これも日本発のバイオハザードやハウス・オブ・ザ・デッドなど
ゲームを映画化しているが、唯一USのゾンビとの違いは、

“決してゾンビは走らない”

である。
っが、ゾンビを現代版にリメークしたドーン・オブ・ザ・デッドは
なんと、ゾンビは猛ダッシュし走る車にも追いつく勢いであった。
あれには正直怖さを超えて、笑ってしまった。。。
っが、さすがこれはおもしろかった。

バイオハザードは1は純粋に楽しめ、2は映像技術に長けていると
感じて両作品共におもしろかった。

そして、ランド・オブ・ザ・デッド。
走る事はないものの、なんと脳みそが無い、つまり考える事(学習)を
するはずのないゾンビが考え始める。
ゾンビ映画に不要とされてきたストーリーもきっちりある。
相変わらず、『ここ出るやろっ!!』ってところでゾンビが出て、
仲間は噛まれ・・・(この先は言わずもがな)。

ただ、あえて苦言を言うならば、ゾンビ映画に必須であったHR/HMが
ほとんどBGMとして使われなかったことにある。
しかし、ストーリー性を持たせる事によって、そのような音楽を
不要にしたものとして理解はできた。

そういう意味でもこれまた楽しめた作品であった。

LOTD

d0064197_0543432.gif
[PR]
by hedge_hog | 2005-08-27 00:57 | Movie