Gospel House (ゴスペルハウス)はHouse of House!!


by hedge_hog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ゴスペル入門パート2

先にお断り。
彼ら(ゴスペラーズ)は全くゴスペルとは関係ないし、ゴスペルを歌ったことがない
(歌えない)にも関わらず、この記事は正直残念を通り越して、悔しいです。
Kirk Franklinは正直日本の音楽ビジネスの被害者であるとしか言いようが無い。

前述のRBデュオのブログでも書いたが、ほんまになんでこうなんやろなぁ、日本の音楽
ビジネスはほんま腐ってます。
何度もいいますが、彼らはまったく関係ない、というか単にグループ名からゴスペルを
連想できる、であれば海外のゴスペルアーティストと何か組ませて、おもしろい企画物(商品)を
作ろう・・・という魂胆が見え見え。
一体全体、どれだけの人がこの記事のRe-Editアルバムを待ってたんだろう。
ご興味ある方は、是非、Original版を購入してください!!
Excite エキサイト : 芸能ニュース

さて、本題です。
なぜパート2かというと、以前パート1と称しゴスペルハウス入門アルバムなるものを紹介したから
です。
今回のこの入門アルバムはゴスペルを更に身近に感じることができる内容になっています。
つまり、アーバンコンテンポラリーであること。
もっと分かりやすく言うと、ベースがRBであることです。
RBを聴いている方であれば比較的入りやすいんではないかと選曲されています。
内容が嘘っぽくないのでここでも紹介しました。
理由は選曲されたアーティストが全てゴスペルアーティストとして海外で認知されている
からです。
ジャケ帯には4つ打ちあり!!などと、Gospel Houseを連想させるようなことを書いて
いますが、おそらく1曲目のことを言ってるのでしょう。
・・・4つ打ちではありません(苦笑)・・・つまりHouseではありません(泣)
ただ、テンポ早目のRBっぽいRemixです・・・いいGrooveであることには違いないんですが。。。

私のようにGospel Houseを最も愛する人間としては
「どこが4つ打ちやねん」
でしたが(苦笑)

いかがですか?
こちらのCDのほうが身近にゴスペルを感じるのでは!?
d0064197_2034724.jpg
[PR]
by hedge_hog | 2006-07-26 20:03 | Music